知っトク情報

障がい児者の生活にまつわる専門家の方々などからいただいた情報を掲載します。

  • 障害のある子どもたちの災害に対する備え

    徳島赤十字ひのみね総合療育センター 小児看護専門看護師 髙松いと子

     近年、様々な地域で地震や豪雨被害による自然災害のニュースが聞かれています。徳島県では、南海トラフ地震がこの30年間のうちに70%の確率で起こるといわれており、災害は、いつどこで起きるかわかりません。どのような状況になっても、子どもたちの命を守り、生活することができる備えを日頃から行っていく必要があります。今回は、今からできる災害への備えについてご紹介したいと思います。

     災害への備えには、自助・共助・公助という考え方があります。

    『自助』は、まず自分自身や家族の身を守ることです。
     お子さんのケアに必要な物品や数日分の薬をまとめておき、すぐ持ち出せるように準備しておきましょう。人工呼吸器を使用しているお子さんは、人工呼吸器や吸引機の充電を常にしておくことや、停電時にバッテリーを使用したときにどのくらいの時間対応できるのかを知っておくことも大切です。さらに、外出の時、お子さんの外出の準備をして、外に出るまでにどのくらい時間がかかるのか、どのように荷物をまとめておくとスムーズに準備ができるのか、といったことを意識しておくことで、避難訓練の代わりになると思います。

    『共助』は、地域の人々が助け合うことです。
     普段の生活では、お子さんのことをよく知っているご家族がお子さんのケアを行っていますが、災害時はご家族以外からケアを受ける状況もあります。お子さんに必要な医療的ケア、使用している物品や医療機器、お子さんとのかかわり方のポイントなどをまとめたものを作っておくと、避難先でご家族に代わってお子さんのケアを行う人にお子さんのことを伝えることができます。また、お子さんのことをまとめたものは、ショートステイやディサービスを利用する時にも役立ちます。さらに、日頃からお子さんのケアには、多くの人に関わってもらい、近所の方にもお子さんの存在を知ってもらうことも大切です。

    『公助』は、市町村や消防、県や警察といった公的な機関による救助・援助のことです。
     お住いの地域ごとに、学校などの指定避難所があると思いますが、東日本大震災では、障害をもったお子さんが避難所にいった時に、段差や人の多さなどを理由に一般の避難所では過ごせなかったと言われています。市町村や消防と連絡をとって、お子さんが避難でき、数日過ごせる場所を相談しておくことや、避難する時にどのような手助けが必要かを伝えておくことも大切です。

  • 『将来、働きたい!』を叶えるための極意

      就労移行支援事業所 ワークステーション未来管理者 赤壁省吾

     私は、天満病院グループの社会福祉法人みらいで就労グループリーダーとして、就労移行支援及び継続支援事業所の管理者として業務を行っています。前職場の天満病院では、子どもの言語聴覚療法に長年携わってきたこともあり、幼児期〜青年期までのお子さんの発達に併走しながら関わらせていただいています。発達障害は先天的な脳機能の障害で、発達のアンバランスさから環境との相互作用を受けやすいため、早期の診断と療育から長期にわたり、特性に応じた一貫した対応が良い効果を上げます。そして、発達年齢によっても関わり方や支援方法は変化し、就学や就職等の社会との接点が拡がるライフステージの変化に応じて、ご家族とご本人への発達支援と地域支援がより重要になってきます。特に器用に生活ができる方は少なく、十人十色で個々に応じた支援が必要とされています。

     発達障害の中でも青年期、成人期になると、圧倒的に相談件数が多くなるのが自閉スペクトラム症の方々です。他者の感情を共有する、またはその感情に至った過程に共感するといったことが難しく、コミュニケーションの苦手さから社会との折り合いがつけにくくなり対人関係上のトラブルを生みます。対処の方法として、ご本人の自己理解や、周囲の方の特性理解が必要と言われており、他者との物事の捉え方の違いなどを理解していくことが求められます。この自己理解は、しなやかに対応できる柔軟な折れない心と言われるレジリエンスとも密接につながっています。誰しも、「多少のトラブルがあっても、仕事もしながらそれなりにやっていけたらいいか」と思うかもしれません。しかしその対応力は、支援者や保護者が幼児期から自己理解を意識して関わり、学齢期に自己理解を高め、経験を積み重ねることによって培われますので、思春期、青年期に、自己開示ができる内面の自己認知能力に成熟できるよう、育てていく取り組みが必要です。

    今回の講義の中では、自己理解を含む「働きたい!」を叶える極意として

    ①通訳ガイドの役割について
    ②『第三者の視点』を持つこと
    ③子どもの強みを理解し尊重すること
    ④長い見通しを持って自己理解を積み重ねること
    ⑤社会のルールを教えること
    ⑥子離れを意識し自立の取り組みを考えること    

    この6つのポイントをご紹介させていただきます。支援が必要なご本人が人から支援をしてもらうことを前提としながらも、いずれは「自分のことは自分で支援できる」ことを目指し、支援力を高めるヒントになればと考えておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

    ※赤壁省吾先生のセミナー「将来働きたい!を叶える極意」は、OnlineバリフリBOXプレ企画、10月25日(日)13:00~、ZoomのYouTubeLive配信でお届けします。本会YouTubeチャンネルでご視聴ください。詳しくは、OnlineバリフリBOXのプログラムをご覧ください。

    利用者さんのアートです♪
  • 家庭でできる感染対策について

            徳島赤十字ひのみね総合療育センター 感染管理認定看護師  藤川勇実

    はじめに

     現在世界中を震撼させている新型コロナウイルス感染症の脅威は、いつまで続くのでしょうか。新型コロナウイルス感染症流行の影響は、障がいを持つ方やそのご家族にとって、今まで受けられていたサービスが受けられなくなったり、医療的ケアに必要な物品が手に入りにくくなったりと大きな影響を与えているのではないでしょうか。日本にこのウイルスが上陸して半年経過した今、ウイルスとの共存方法が見いだされ、「新しい生活様式」 として私たちの生活の一部になりつつあります。
     今回は、新型コロナウイルス感染症の予防はもちろん、その他の細菌・ウイルス感染にも共通するような日常の感染対策についての情報をお届けしようと思います。
     厚生労働省は日本環境感染学会がとりまとめた家庭内に新型コロナウイルス感染が疑われる人がいる場合の8つのポイントを発表しています。

    「家庭内の感染対策」  家庭内の8つのポイント

    1.感染者(感染の疑いがある場合)と他の同居者の部屋を可能な限り分けましょう

    2.感染者(感染の疑いがある場合)の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にしましょう

    3.できるだけ全員がマスクを使用しましょう
     マスク着用が難しい方がいらっしゃる場合は、ティッシュ等で咳やくしゃみをするときに口と鼻を覆う、大声で話をしないなどの注意と換気を十分に行うなど他の感染対策を強化していただければと思います。

    4.小まめにうがい・手洗いをしましょう
     手を洗うことが難しい方がいらっしゃる場合は、ウェットティッシュで拭き取る、触れる物の消毒などをおすすめします。

    5.日中はできるだけ換気をしましょう

    6.取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒しましょう

    7.汚れたリネン・衣類を洗濯しましょう

    8. ゴミは密閉して捨てましょう
     上記の8つのポイントは障がい特性の問題を踏まえると困難な場合もあると思います。例えば、マスク着用が難しい、感染者の世話をする人が一人ではない(一人ではできない)など挙げられると思います。そのような場合は、「自分たちにできる感染対策」を確実に行っていただければと思います。

    おわりに

     まだまだ新型コロナウイルス感染症の流行はおさまることなく、今秋冬も様々な形で影響してくることと思われます。いつもと何か違うなというお子さまのサインを見逃さず、感染対策に留意していただければ幸いです。


私のNews

会員たちから発進する、なるほど!ホッコリ!のNewsを掲載します。

  • Youheiの軍港めぐり パート1~舞鶴湾軍港クルーズ~

    私は就労継続支援事業所で働いています。

    軍艦が大好きで、今まで、呉や横須賀の軍港で軍港クルーズに乗船し、護衛艦やイージス艦、潜水艦などを見学しました。

    コロナ禍でしばらく県外に行けませんでしたが、日帰りで舞鶴湾の軍港クルーズに行ってきました❗️本当に久しぶりでうれしかった❗
    ️しかしなんとチケットが売り切れ(ToT)予約しとけばよかった~。そこに朗報‼️臨時便が出るということで、乗れることになりました(^○^)

    30分のクルーズで海上から見る護衛艦はかっこよかった。海軍カレーも食べて帰りました。 舞鶴や呉なら車で片道3時間半くらいです。

    次は「どこでもドア切符」で特急や新幹線に乗り、佐世保軍港クルーズに行く予定です🎵

    ☆「Youheiの軍港めぐり」は、これから時々掲載していきますよ♪皆さん、今後もよーよーの楽しい旅日記を楽しみに!そして、参考にお出かけしてみてはいかがですか?
    オシャベリおばちゃんは・・・お土産待ってまーす♡

    おお!護衛艦、カッコイイ!!
    いい天気で気持ちいい旅!また行くぞー♪
  • ステイホームで音楽活動♪

    徳島県肢連の徳島支部には、音楽サークル「ミックスジュース」があります。
    このサークル活動、なんと20年以上活動しています!障がいのある子たちの大好きな音楽をみんなで楽しめば、もっと楽しい!どこかで演奏して歌って、多くの人に聞いてもらえたら、もっともっと楽しい!そんな思いで毎月練習しています。
    メンバーは、重度心身障がい、知的障がい、視覚障がい・・・いろんな仲間たちと保護者、そして私たちの活動に共感するボランティアさんたち♪演奏方法も楽器も、障害に合わせて選んだり工夫したりしています。コミュニケーション支援機器、スイッチなどで楽器演奏のアレンジを独自に行って楽しむ仲間もいます!

    さて、そんな楽しい活動が、コロナウイルス感染拡大できなくなる!という事態に見舞われました。そこで考えたのが、Zoomを使って、みんなで音楽を楽しもう!です!

    でも、同時にみんながホストの伴奏に合わせて演奏すると、ズレる!これはどうしようもないのですが、各自がミュートして、ホストの伴奏と演奏に合わせてステイホームで思いっきり演奏したり歌って楽しむ。そしてその様子をみんなが見れることは、一緒に楽しく練習している実感になりました。また、みんな集まっての練習ではわからなかった各自の表情や、個別練習も、Zoom練習の方がわかる!という利点もありました。
    2度目のZoom練習では、伴奏の先生と、メンバー親子2組が一緒にホスト配信して、よりいつもの練習の雰囲気が感じられるものとなりました。

    また、みんなで集まって練習できる日を思いながら、いろんな音楽の楽しみ方と仲間のコミュニケーションの機会を継続していきたいです!
    そんな、ミックスジュースの仲間、大募集中です!!

    ※写真は、昨年のNPOボランティアフェアで、新町川をバックに演奏した時のものです♪